1. ホーム
  2. 講座カタログ
  3. AWS Technical Essentials1・2

講座カタログ

印刷する
この講座は受付期間を過ぎているため、申し込みできません。

講座コード:1801SK017AWS Technical Essentials1・2 (講座中止)

  • 対象職種ITアーキテクト
  • 対象人材ITアーキテクト
  • キーワードクラウド・SaaS
  • レベルCCSF2
日程について
開催期間 2018年07月30日(月) から 2018年07月31日(火) まで
2日間 09:30 から 18:00
申し込み締切 2018年07月17日(火) まで
講座について
概要 AWS の製品、サービス、および一般的なソリューションについてご紹介します。
AWS のサービスの理解を深めるための基本知識を説明しますので、受講者が自身のビジネス要件に応じて、IT ソリューションに関する情報に基づいた決定を下し、AWS の使用を始めるのに役立ちます。
また、実際に AWS でシステムを構築、運用する演習(ラボ)により実践的な経験を積んでいただくよう設計されたコースになります。
AWS のコアサービスを使った Web システムを構築および運用するための基本的な操作を、実際に行う能力を身につけることができます。
内容 ●アマゾンウェブサービス(AWS)の概要
●AWS の紹介と歴史
●AWS 基盤サービス: EC2、VPC、S3、EBS
●AWS のセキュリティ、アイデンティティ、およびアクセス管理: IAM
●AWS のデータベース: RDS、DynamoDB
●AWS 管理ツール: Auto Scaling、CloudWatch、Elastic Load Balancing、Trusted Advisor
●Amazon EC2 と Amazon RDS で最小構成のブログサイトを構築する
●高い可用性を持つブログサイトを構築する
●性能の監視とログの収集を行う
●Amazon EC2 と Amazon RDS を拡張する
●Amazon EC2 にスケーラビリティを追加する
●バックアップ・リストアを行う
定員数 10 名
受講料(税込) 66,700 円 (優待) 優待料金について
76,700 円 (一般)
教材費(税込) 5,400 円
※受講料とは別に必要です
対象者 ・AWS のサービスについて技術上の利点を顧客に説明する担当者
・AWS を使用開始する方法について学ぶことに関心がある方
・AWS のサービスの使用に関心がある SysOps 管理者、ソリューションアーキテクト、および開発者
・AWS のソリューションアーキテクト、システム運用管理者、デベロッパーを目指す方
事前知識 ・Webシステム構築・運用経験または知識(推奨)
・リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)の知識(推奨)
・一般的なネットワーク概念に関する知識 (推奨)
会場 公益社団法人沖縄県情報産業協会 研修室
会場住所 沖縄県中頭郡西原町千原1番地 琉球大学 地域創生総合研究棟3階303号室
実施企業 シーティーシー・テクノロジー 株式会社
その他備考

この講座は受付期間を過ぎているため、申し込みできません。
ページのトップへスクロール

本サイトではセキュリティを向上させる観点から、HTTPS による通信を行っています。お使いの WWW ブラウザが HTTPS に対応している必要がありますので、ご了承下さい。本サイトをご利用頂くためには、お使いの WWW ブラウザがクッキーを受け付ける設定になっている必要があります。クッキーの詳細については、お使いの WWW ブラウザのヘルプを御覧下さい。サイトポリシーはこちらからご確認頂けます。